« ミュージック・オブ・ザ・ナイト♪ | トップページ | 尼寺へ行け@日中競演「ハムレット」四季版初日 »

四季劇場夏 内覧会

今週も日曜日まで仕事なんですね。ホントは。
でもでもなんだかくらくらするので、来客予定のない本日、思いきってお休みいただきましたの。
帰宅途中にメールチェックしてたらば、この内覧会のご案内が届いているではありませんか
すんごく若干名の空きに対しての「抽選」ということですし、ダメもとで希望してみたら『当選』しちゃいました。よく当たったもんだ(^_^;)
でもおかげで気持ちが少しだけ浮上  というわけで、一足お先に拝見してきました(*^o^*)
写真もたくさん撮ってきましたので帰宅後頑張ってアップしますね♪ なんでこんなものまで撮影?、な写真もありますかも(笑)

はまち的ツボは『お手洗いの表示』です(*^o^*)
なんかね 舞台への楽しみや幕間でのとても『心おどる』雰囲気が感じられて(*^o^*)
そういう気持ちがとけだしたような空気の動きというか、風を感じるんです♪

いやあ携帯での入力てほんっっっっとにまどろっこしいなあ(苦笑) はよ家につけ~!(≧ε≦)

ここから自宅にて追記です1(^^) 写真点数多いので御覚悟を
まぁ劇場の写真ですけどもね(*´v゚*)ゞ


まず、駅からのアクセス。
駅についてみてそういや地図なかった!と焦ったわたくし、、ですが!
ちゃーんと道順係りさんが要所要所に待機されていてほっ

★四季劇場「夏」への駅からのアクセス
 JR&りんかい線「大井町」駅下車後、東口でも西口でも同じです。
 イトーヨーカドーのある方向にのびている商店街をてくてく数分歩きます。
 「品川区役所」方面です(こちらは街路図&看板あり)。
 四季劇場「夏」に関する案内看板はまだ設置されておりませんでしたので、今後つくのかな?
 おいしそうなカレー屋さんや海鮮丼屋さん?などなど、劇場に行く途中に食で楽しめそうです。
 懐かしい雰囲気の帽子屋さんを通り過ぎた右側に入るのが近道、なのですが!
 そこは「私道」にあたるため、通り抜け禁止、というお話でした。
 でもでも、ここって「イトーヨーカドー駐車場通路入口」てな看板もあるのですけれども?
 ダメなのね? ね?
 でも、ぜったい(少なくとも遅刻しそうなときや、帰りは)通る人多いと思いますよ?
 まぁ公式に通るべき道は、その先の信号手前にあります「オーイ地下飲食街」というピンク色の看板を過ぎて右折、です(^^)
 そして道なりにぐるっ~と回ると、このビビッドな色彩の劇場が目に入ってきます(^^)

076  077  080 

078
  
受付にて資料をいただきましたが、先日の「新劇場演目発表&スマートチケットシステム」に関する同じものでした。あとは劇場の建築途中のお写真が数点はいったものかな。
それから、この劇場で初めてスタートとなる「スマートチケット」での入場体験用に、見本チケットをいただきました。
現在発売中のチケットはすでにこの形態に移行してますけれども、実動させてみるのは今日が初めて!ですよね(^^)
このチケットが、まぁ本日は見本だからでしょう。劇場名が「常夏」(( ´艸`)プププ)
それから駅からの案内が「浜松町」(笑)

079_2
そしてそして、開場前ということでまだ土足厳禁だそうですので、全員に、靴カバーが配られました(^^) なんだか刑事ドラマの現場検証シーンみたい(おい)

082


 

          それにつけても、受付時の名簿を見る限り、ブログサポーターは10名くらいなのね、きょうは(^^;) まぁ平日だしね。
チケットレスの体験については、プレス関係には事前に希望者に対して「携帯へのQRコード送信」をしたそうです。ですので、本日入場時に、ご自分の携帯タッチで入場されていた方もいらしゃいました。
さてさて、時間まえに小雨がぱらつき始めましたので、簡単なご説明の後、チケットを手に手に入場開始!(体験をしないカメラマンさん方は、先に中でカメラ構えてましたわ(^^)
NHKのカメラを発見! 今日のニュースでしょうかね。

087
チケットは飛行機のチェックインと同じくピッとタッチすると、控え券が発行されます。
そこには、自分の座席のおおまかな配置と扉番号も記されています。
これならば、上手側の席なのに下手側でまごまごすることはなくなりそうですね。
またこの控え券の下部分には、「公演案内」として、他演目や劇場などでの演目もお知らせみたいな告知欄として今後活用するそうです。今回はライオンキングでした(^^)

ところで、ここで気になったのが、入場時にいただいた席番号と、控えで出てきた番号が「違って」いたんですね。
気になったので係りの方にうかがったところ、「デモ用なのでデータが」ということでした。
でもでもね。デモだからこそ、きちんと本券を読み取ったデータが反映されなければ意味がないではないのかなと、思うのですよ。
正常に働いている、とはいえないのではないでしょうか?090
デモ用に、読み取り用のデータと発券用が別別ルートで出ているということでは、「読み取り→入場」とはいえないと思うのですが。


121

123

たとえば知人が遅れてくる場合の、チケットの預けなどのデータを、このATMで入力するそうです。
わたしのいた場所からは遠くてリアルタイムなご説明の画面が見えなかったのですが、
たとえば「美女と野獣」ならば、演目に関した絵柄がいくつか出てきます。
ろうそくとかバラとか。その絵柄を選び、QRデータ?で席の情報を入力。
それを遅れてくる方に連絡し、入場時に確認して席にご案内~といった流れになるのだそうです。(聞き違っていたらごめんなさい

劇団の創立記念日である7月14日から、スマートチケットのそのほかのサービスも順次オープンになるそうです。
コンテンツサービスやギフトカードや買ったけれども都合でいけなくなったチケットのとりまとめ窓口などなどですね。

そして参加者を2班にわけて、いよいよ劇場内に!
1階席は、750席。全館で1200席だそうです。126
規模的には、秋&海劇場だそうですけれども、私の印象では、客席のサイズ的には秋劇場より少し大きめで、海劇場よりはコンパクトかなぁと思いました。人によって印象は異なると思いますので、ぜひこれは劇場にて「私は~」と感じていただけたらな、と思います(^^)
舞台面から1階客席後方までの距離は、21メートル。
客席の雰囲気は、上品な赤い布張りのイスで、背もたれがゆるやかな曲面になっています。131

座り心地もなかなかよかったです(^^) 
1階の11列部分で横通路があります。工事の都合かもしれませんが、12列は存在しておりませんでした。
それからこの13列目の足元が一段上がっていて、さらにこの列の真上に、2階席部分がかぶります。

舞台奥行が18.8メートル。どの作品にも対応できるスタイルで、これはどの劇場でも同じだそうですが、床面はべニアです。これは工事中だからということではなくて、作品にあわせて、奈落や舞台床面を作るということらしいです。139
舞台上部に目を向けると、バトンが93本。

095 097  098

楽屋は舞台の裏側の同じフロア(1階)とさら に2階に、あわせて6部屋。
1階の楽屋部分から少し階段を下がる部分がありまして、そこには、リハーサル室や発声室、床山部屋などがあるそうです。
1階部分には、さらに、ヘアメイク室がありました。まだここは陳列用の棚が並んでいるだけでしたが、これからきっと「美女と野獣」のあれこれら運び込まれていくのでしょうね

でもなんというかソデが心なしか、狭く感じました。特に上手側。
この空間をプロならではの工夫で、使い慣らしていくのにはちょうど良い大きさなのでしょうね(^^) 上部を見上げながら、野獣の城の高さを想像しちゃいました(^^) どんな風に収まるのかなぁ。

102  105  

104 上手のそでで見つけた、これから仕込まれる「美女と野獣」のセットやら骨組関係のあれこれです。それぞれに新都市公演BBと書きこまれていました。
↑この赤いポールの横の紙には「大井町四季劇場」海、となっていました(^^;)

続いて、おトイレ訪問!
みんなで列になって、1階ホワイエの女性トイレを闊歩しました(^^)
107

ちょっとだけこぶりに見えた洋式●●レ(^^;)
108









なんでこんな写真その2~
個室の扉(笑)
えとですね、和式があわいグリーン、洋式がクリーム色です(^^)
歩いていて偶然気づいちゃいました!(だからなんだとヽ(*≧ε≦*)φ)
 109_2 
 110

そしてこれが噂の おトイレ表示板です(^^) どうです! かわいいでしょ

106

117_3 非常口表示クンとジェントルくん(勝手に命名

125_2 なんだかフェアリーみたいな車いすおトイレの表示板です(^^)

151 1階下手側ホワイエから舞台下手側が見えます。
ホワイエ通路にはまだポスターの飾りもなにもありません(^^)
これからどう変わるのかな(*^-^)

ここから2階客席です。
こちらも印象は秋劇場なのですが、ステージまでの距離が13.6メートル!
とても舞台が近く感じます。
2列目から見てみましたが、十分見ごたえあり!
1列目だと1階客席が視界に入らないのかもしれませんね(^^)
115


座席もかなり急勾配

 116

149こちらは2階前方席用の上手側階段。
ケーキみたい(^^)
でも手すりがないので
ご使用の際にはご注意を。

なんの写真、その3(^^)
2階の5列後方の通路の壁は、上部がカーペットのような手触りでした。
遅れ客が壁に荷物とかぶつけて音がしないように、とかなのかな?
これも聞いてみればよかったかな(^^;))

2階ホワイエもとっても広いです。


126_2

舞台にはまだなにもありません。
これから美女と野獣の仕込みがされ、
感動の空間に生まれ変わるのですね(^^)

とっても重厚な雰囲気なのですが、堅苦しさを感じさせない上品な客席です。








133135_2136

最後に2階客席からの撮影をしました。
最後列に座ってみましたが、距離は近いです。
目の前にキャットウォークがあるので、舞台上部が見切れるのかな?と思いましたが、
座ってみると問題なかったです。
客席から少なくとも舞台上部前面の視界を遮ることはありませんでした。
146  148

1階客席には、オケピットも備えているそうです。

1階ホワイエの向かって左側の上り階段左には、これからクロークが、右手したには売店を予定しているそうです。

客席に傘を納めるひもがありませんでしたので、もしこれから設置作業がないのであれば(しまった! 確認忘れた~)、雨の日の観劇には、足もとに傘をおさめることになりますね。


この劇場係員さんの制服は、このスタイルのようです(^^)
紗の風なオレンジ色のスカーフと、スカートには縦に1本ライン(^^)152

あとは開幕を待つのみ

劇場としても本番の舞台で、
この空間を楽しめる日が、あとひとつきちょっと

153

|

« ミュージック・オブ・ザ・ナイト♪ | トップページ | 尼寺へ行け@日中競演「ハムレット」四季版初日 »

コメント

Snowmanさん、こんにちは。ようこそ!

おなじ空間を共有していたのですね(^^)

傘フォルダーの情報ありがとうございます。
やはり座席下におさめることになるのですか。
大きな傘は持ち込まないようにしよっと。

投稿: はまち | 2010年6月11日 (金) 22:04

初めまして。
私も、内覧会に参加しました。
客席の傘のフォルダーですが、夏劇場では設置されないそうです。
雨の場合は、傘用のビニールに入れて、座席下に置いてくださいとの事でした。

投稿: Snowman | 2010年6月11日 (金) 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季劇場夏 内覧会:

» 四季劇場【夏】 内覧会 [みかん星人の幻覚]
2010年7月11日に、『美女と野獣』で杮落としをする【夏】劇場をみせてもらった [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 23:29

« ミュージック・オブ・ザ・ナイト♪ | トップページ | 尼寺へ行け@日中競演「ハムレット」四季版初日 »